人生苦苦苦

人生で感じたこと思ったこと何かわからない何かについて。

不死症

スラスラとよめていい

話題もわかりやすく入り込みやすい

 

閉ざした言葉をほどきながら 

私はこの空に誓うよ

ほら少しだけおどけた

あなたは私にはにかむ

 

 

 

ドイツにいます。した。

私は大一生の夏の一月をドイツで過ごしています。今はその一月の半分あたりです。もともと日本に友人などいない私は案の定同じ大学からの生徒とも親密な関係にはなれません。しかし寮にいるドイツ人らとは仲良くなれなきがすると思っています。なぜ私は日本人と親密になれないのでしょうか?自分から他人に話しかけた時、反応を感じ取り行動しているためダメなのかもしれません。しかしドイツに来たからにはという思いのもの少し感情を取り払って理性で押しているのが功を奏しているのかもしれません。

僕は日本人です。たぶん。

最近更新する元気がない。

お久しぶりです。僕のブログを読みたい人間なんて70億人いてもゼロだろうと思う。

まあいいや、

最近暑いじゃないですか?僕なんて駅で電車待ちをしているだけで汗だくっすよ、牛丼の汁だくよりもね。

 

で夏じゃん?夏になると聴きたい曲が何曲かあるんすよね、

サマータイムレコードとか、真夏と少年の天の川戦争とかyouとか。

 

ぜひ聞いてみてくださいよ。

 

僕の大動脈のドイツ語のテスト何個かあるうちの一つを単位を落とすほどはひどくないけれど、僕の目指してた世界には到達できないくらいのできだったから、かなり悲しい。

だから他のは失敗しないようにしなきゃならないんだがやる気が出ない。これぞふのすぱいらる。

八月ドイツ行くけどまぁ何かしらの経験をし自分が進化できたらいいと思う。

 

紫色の靴しか履きたくない。

今日の出来事0528yeah

今日は大学のサークルの遠足というイベントだった。僕と数人はシャセリオー展が今日までだったのでそれに行き集合時間の10時半までの時間を待った。

 

シャセリオー展はフランス人画家ですごく壮大な作品を描いていたが、最近行ったミュシャバベルの塔ブリューゲルの方が個人的には好きだった。

 

1時間くらい鑑賞し15人くらい集まり上野動物園に行った。

僕はシャセリオー展に行った人たちと回っていた、他の人たちはパンダを見たりしている人もいた。

 

そしてお昼過ぎになり午後は科学館的なところの常設展に行くことになっていたので、外に出てタイ料理の屋台でスペシャルランチというガパオライスとタイカレー(白い感じ)パクチーのせを食べた。価格は800円だった。今までパクチーを食べたことがなかったがせっかくなので食べて見たが美味しかった。割と好きな味だと思う。

 

一時半になり常設展に行った。

初めは一回の展示を見て回りそのあとB3階まで行きみてまわった。

僕は文系のためB3の展示の大半がわからなかったが理系の方がいたため沢山説明してもらいほんの少しだけ理解できた。高校までの勉強において地学、生物、化学は真面目にやっていたと自負できるが物理は全くわかってないでワークの答えを暗記していたので、もう一度理解するために勉強したいと思った。なので今日からやろうと思う。鉄は熱いうちに打てよな俺

 

そのあとご飯に行って散歩したりして解散して今である。僕のこのブログにおいて何をしたかなどはどうだっていい。大切なのは何を感じ何を為すかだ。

 

 

今日僕は12時間もずっと話をしていた人が数名いるが苦じゃなかった。これは何故かを考察しなければならないと思う。君は何故だと思う?

今日の僕は美術館に行って心が芸術で満たされ幸せな心持ちになれたのかもしれない。そのためその後自然と打ち解けることができ僕の心の中を他人に見せることができたのかもしれない。

僕は他人に対して冗談を言ったり言われたらなどの関係は仲が深まったと解釈している。仲が深まったから何をしていいわけではない。親しき仲にも礼儀ありという言葉は大切である。

 

あと僕のデフォであるネガティヴ思考に対して「自分もある」などと言う同意を言われ少しは理解してもらえたのかもしれないという良かったという安堵もある。

 この気持ちが明日まで続けばいいと思う。

この出来事が終わりこの気持ちが散ることが無ければいいなぁ。

 

今日も稚拙な僕の文章を読んでくれた人が世界に一人でもいるならまだ生きている価値があったのかもしれないと思う。

 

それでは

 

Auf Wiedersehen!!

 

ミュシャ展にいってきます。

僕の人生は常に暗闇の中をもがくよう

 

夜明けとともに駆け出していけ

 

 

 

美しく死ぬために生きているのが最近の僕の考えだ。ただそれが本当に正しいのかということは疑問である。そのため僕は自分に対して常々問いかけをしなければならない。

「僕の生き方はあっているのか、間違っているのか」

 

今のような生き方は正直生きづらい。

 

ただ、ポジティブに考えることが出来るならば僕の人生は常に模索の繰り返し、ゲームのようなものとなるだろう。

 

 

しかしネガティブ思考に取り憑かれてるため、こんな苦難しかない人生やめたいと考えてしまう。

 

 

 

電車に乗っててすることがないと常に思考を繰り返してしまうために本を読んだり宿題をしたりしている時の方が幸せなのかもしれない。

 

 

 

またいつか君と出会いたい。